川越徘徊【蔵造りの街並み】

菓子屋横丁から離れて、蔵造りの街並みへ向かいます。

まずは基本。観光名所でもある「時の鐘」

NHKのテレビ小説「つばさ」(2009/03~2009/09)で有名になりました(?)
今でも「つばさ」のポスターが貼ってある店もあったりします。
画像


なぜか不思議と溶け込んでいる看板
画像


こちらは種屋さんの看板
画像


川越ではスタンド灰皿もこうなります。
画像


人を乗せる事はありませんが、すっかりこの店の看板になっています。
画像

ちなみに川越には人力車での観光案内もあります。
さらにこういう(↓)ボンネットバスも市内を循環しています。
画像

が、個人的には、どちらも自分が乗るより、傍から眺めていた方がよいかと・・・


看板シリーズ再開。漬物屋さんです。
画像


こういうものが店先にあってもまったく違和感がありません。
画像


分からない人も多いでしょうが、これは「ねずみとり」です。
子供の頃、家にあったのをわずかに覚えています。まだ現役選手とはおそれいりました。
画像


蔵造りの街並みからさらに駅に向かって歩いていくと、こんなものを見つけました。
画像


「手相」よりも「2度も閻魔大王の顔を観た男」の顔が気になります。

後ろ髪をひかれながらも、さらに駅に向かいます。
画像

面白いのですが、自分の携帯より大きい・・・。

「蔵造りの街並み」「菓子屋横丁」「サツマイモ」などで有名な川越ですが、「路上観察」も名物なのではないでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック