イグ・ノーベル賞の世界展

東京ドームシティのギャラリーアーモで開かれている
「イグ・ノーベル賞の世界展」
に行ってきました。
画像


イグ・ノーベル賞は、1991年に創設された
「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」
に対して与えられる賞。
日本人も受賞者の「常連」になっているので、テレビでも紹介され、知っている人も多いでしょう。
画像

名前は知らなくても、コレ(↑)を見たら、ピンとくる人も多いはず。

ただ、ウケ狙いの研究ではダメで、「考えさせてくれる研究」でなければならないそうです。


授賞式の様子は本家のノーベル賞とは対照的に学芸会のようなノリ。
会場内で、そのダイジェストが見れますが、檀上に上がった人が一番、楽しんでいるように見えます。

その「ゆるさ」が伝染したのか、この展示も撮影自由というおおらかさです。
が、ひたすらパネルを読む、という展示がほとんどというのが玉にキズ・・・。

数少ないモノの展示の一つ、トロフィー(たぶん、レプリカ)
画像

画像


展示を見始めた直後、森田信吾「栄光なき天才たち 2010」(集英社)で、イグ・ノーベル賞の創設者マーク・エイブラハムズの話があったのを思い出し、帰ったら読み直してみよう、と思っていたら、会場内にそのエピソードを紹介したコーナーがありました・・・。
(タイトルに「栄光なき」とありますが、マーク・エイブラハムズのエピソードは「栄光なき」というわけではありません。
読んだ感想まで書いていました。コチラ

で、ここからは数ある研究紹介のパネルの中でも気になったもの。
画像

「考えさせてくれる研究」という感じです。

画像

画像

これはテレビでもたくさん紹介されていたので知っている人も多いでしょう。

画像

これもテレビでよく紹介されていた印象があります。

画像

たまごっち、ありましたね。

画像

こういう比較をされると、たまごっちってスゴイ、という気がしますが、今ならスマホのゲームで、いくつもコレに匹敵するものがありそう。

画像

パネルに名前が!と思ったら、受賞者本人の署名でした・・・。

画像

画像

下ネタで笑いを取るのは万国共通みたいですね。

画像

各パネルにはテリー伊藤の「解説」がありますが、この研究には「仮面ライダーを見せると、大興奮するよ!絶対!」と書いてあって、笑ってしまいました。
が、同時に「昭和の仮面ライダー限定だけど・・・」と思ってしまいました。

画像

こんな恐竜研究の方法もあるのかと、目からウロコでした(笑)

画像

個体と液体の境界って、あいまいなんですよね。たしか・・・。

画像

トイレの案内は、こんな風になってました。

画像

なつかしい・・・。バウリンガル。

画像

ニワトリは何を判断基準にしているか気になりますね。

画像

鳥にもアブノーマルがいた、という衝撃。

画像

ダンサーの勤務シフトに影響を与えるのでしょうか?

画像

画像

人間の脳は本能的に「顔」を見出してしまうよう。
自分は、このトーストの中には顔は見えませんでしたが、人によっては見えてしまう?!

画像

自分を大きく見せたい時や、謙虚さをアピールしたい時に応用できそうです。

画像

画像

受賞者は授賞式の日に結婚式を挙げたそうです。
大きさは変わった・・・?

画像

画像

でました!ジンバブエドル。
ゼロの個数を確認するだけで大変です。
アマゾンでジンバブエドル紙幣が買えますが、結構、いい値段します。
以前、買おうかと思いましたが、紙幣自体の価値を考えると、ケース自体の値段と考えてもいいくらいなのでやめました。

イグ・ノーベル賞の賞金も100兆ジンバブエドル(約25円)が支払われた、という記事もありましたが、毎年、支払われているのかは不明です。

最初の方で、パネルを読むばかり・・・と書きましたが、「体験型」もいくつかあります。

画像

画像

自分自身が、この音を聞きたくなかったので、スルー。

画像

画像

トースト(の模型)があって、落としてみると
画像

やはり、バターを塗った面が下になります。

画像

画像

パスタ(本物)で試す事ができます。
試すまでもなく、変な折れ方しかしないと分かりますが、ついついやってしまいます。

展示会場を出ると、グッズコーナーがあります。
そこにあったのは
画像

画像

ドクター中松のジャンピングシューズ。
もう長い事、テレビでは見てなかったので、懐かしい!
・・・市販されていたんですね。知らなかった。

ちなみに個人的にイグ・ノーベル賞で一番好きなのは、2012年の文学賞。
「報告書についての報告書についての報告書についての報告書の準備を奨励する報告書についての報告書についての報告書を発行したことに対して」(アメリカ合衆国政府監査院)
これが無かったのが残念。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック