テーマ:路上観察

川越 徘徊【路上観察】

埼玉県の川越は「小江戸」と呼ばれ、古い蔵造りの街並みが残っていて、いつも観光客で賑わっています。 最近、体重が微増しているのでウォーキングも兼ねて、行ってみました。 川越は「蔵造りの街並み」がウリなのですが、路上観察者にとっても魅力あふれる地でもあります。 まずは、バイト中(?)のウルトラマン 以前は、顔が馬の人(馬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また川越徘徊

先週に引き続き、再度、川越を徘徊してみました。 やっぱりこういうものに出会ってしまいます。 川越の名物は「サツマイモ」 日本橋から13里離れていた事を使って、江戸時代から「栗(九里)より(四里)うまい十三里」と言って、サツマイモをPRしていましたが(そのその由来はいろいろと説がありますが)川越にも「栗」を使った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越徘徊【路上観察】

川越徘徊編。今回は路上観察ネタです。 最初、真横から見たので何だか分かりませんでしたが、喫茶店でした。 何の生き物でしょうか。 以前に来た時も同じように傘が並んでました。意図的にやってたのですね。 漬物屋さんの店頭にて ピカチュウヘルメット。 黄色なので、目立ちそうです。 今年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越徘徊【蔵造りの街並み】

菓子屋横丁から離れて、蔵造りの街並みへ向かいます。 まずは基本。観光名所でもある「時の鐘」 NHKのテレビ小説「つばさ」(2009/03~2009/09)で有名になりました(?) 今でも「つばさ」のポスターが貼ってある店もあったりします。 なぜか不思議と溶け込んでいる看板 こちらは種屋さんの看板 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩【路上観察 -川越編-】

埼玉の川越は、昔から「小江戸」と呼ばれ、蔵造りの街並みや 大正時代の建物が残されていて、いつも観光客でにぎわって います。 そんな街並みでも、時々、こんなものが顔を出します。 単品でも面白いのですが、周囲との落差がさらに味を深めます。 お馬さんも客寄せに必死です。 辛いものは苦手なので、遠慮しておきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more